首のニキビ

首のニキビを繰り返さずになくす方法

首のニキビの原因は?

首のニキビは顔にできるニキビ以上に目立ちやすいです。

特にひどい人になると、1つ、2つの白いニキビではなく、
たくさんの赤いニキビがブツブツと顎の下から喉仏あたりまでびっしり。

「人の目が気になって暗い気持ちになる・・・。」

「夏の暑い季節でも首を露出する服が着れない・・・。」

「冬になってタートルネックを着ると首が痒くてたまらない・・・。」

こんな悩みをもっている人が多いですね。


実は10代の頃はTゾーンや頬にはニキビができやすいですが、
首のニキビってそれほどできやすいわけではありません。

そして、できたとしても適切な対処をしていけば
繰り返してブツブツとひどい状態が長く続くわけではありません。

傾向としては大人のほうが首のニキビに悩みやすいんですね。


首のニキビの原因として考えられるのは、
ストレスと生活習慣によるものが多いです。

社会人になると人間関係に悩む人も多いですし、
忙しいので学生時代よりも食生活が乱れがちになります。

また、仕事で睡眠時間が削られてしまうこともありますし、
親元を離れて一人暮らしをする人も多く、
なれないことの連続で精神的に不安定になりやすくなっています。

全てが上記にあてはまっているわけではありませんが、
多くの場合はこういったことが身体からのサインとして
ターンオーバーの乱れをおこし、首のニキビという形であなたに伝えているわけです。

首のニキビの原因は一人ひとりが複雑な理由がありますが、
改善方法はそれほど難しいわけではありません。

肌の働きを健康な状態に戻すためには
ストレスの解消と食事から栄養をきちんと摂ることです。

そして首のリンパマッサージをきちんとすること。

それで首の肌の代謝がよくなりますから。

後は、痒いからといって無意識に手で触れないこと。

顔と同じく洗顔をきちんとした後に
首のニキビにもきちんと乾燥しないようにケアしておきましょう。

首のニキビ跡は目立ちやすい

首は女性にとっては露出の多い部分です。

白い首にとって赤いニキビは非常に目立ちますが、
そのニキビがなんとか治っても跡が残りやすいです。

ある意味では首は顔よりも見られるかもしれません。

きちんとしておかないと首のニキビ跡があったら
目立ってしまいファンデーションで隠すにしてもすごく面倒で大変ですね。

さらに痒くてかいてしまい
赤みがひどくなって、跡が残ってしまうことも・・・。

首の皮は薄いのでニキビ跡が目立ちやすいし、
跡を綺麗になくすこともかなり難しいです。

そうなると今後一生赤黒い点のような形で残ってしまい、
首元の開いた洋服を着ることもためらわれるようになります。

暑い季節で薄着の時などは首のニキビ跡が目立ち
気持ちも沈んでしまいますよね。

メルラインは通販で手に入れることができます。

ニキビ跡をなくす方法もありますが、
できるかぎりニキビができても跡が残らない形で治していくほうがいいです。

そのためにもあらかじめニキビ跡が
できないように予防しておくようにしましょう。